• ホーム
  • 塗るタイプのトレチノインがシミの治療に効果をもたらすメカニズムとは

塗るタイプのトレチノインがシミの治療に効果をもたらすメカニズムとは

2019年12月30日
肌を気にする女性

多くにシミの原因となっているのが、表皮の一番深い部分の周辺にメラニン色素が沈着することでできます。この層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞がありますが、一般的に市販されている美白材はこの細胞の働きを阻害するような成分はほとんど含まれていません。多少は含まれていますが、微量なのでメラニンを作る効果の阻害が難しいのです。さらに今あるメラニン色素を外に出す効果はないので、できているシミを無くすことはできません。

では、実際にシミを治療したいと考えている場合、どのような外用薬を使うのが適しているのでしょうか。注目されているものの1つに、塗るタイプのトレチノインがあげられます。トレチノインが期待される理由の1つが、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出す働きもあるという点です。メカニズムとしては、トレチノインを使うことで表皮の細胞を活発に増殖させられます。増殖することで表皮の細胞が押し上げられて、メラニン色素も一緒に上がってきて外に出すことが可能です。

現在あるシミを無くしたいと思っていても、美容外科を利用するのは抵抗があるという方も多くいるでしょう。美容外科でレーザー治療などを受けることで問題をすぐに解決することは可能ですが、お金がかかります。またレーザーなどの方法で治療を受けることは、安全が確認されていても不安という方もいるかもしれません。

一方でトレチノインを塗るだけの治療であれば、手軽にできるというのがポイントの1つです。毎日塗るだけなので、簡単に実践することが可能です。美容外科を利用するよりお金もかからないので、金銭的な負担が少ないという特徴があげられます。

実際にトレチノインを使って今あるシミが除去できるのか不安という方もいるかもしれません。メラニン色素を除去してシミがなくなるか不安な方は、実際に試した方の体験談を参考にするのも1つの手です。体験談を参考にすることで、シミがなくなるまでのメカニズムを知ることにもつながります。写真付きの体験談を見れば、効果があるということを理解したうえで試しやすくなります。

またトレチノインを使うときに忘れてはいけないのが、正しい使い方をするという点です。洗顔が不十分な状態でトレチノインを塗っても、思うような効果が期待できない可能性があります。使用する前の注意点などを考慮したうえで、適切な形でシミ治療が行っていけるようにしましょう。